×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高齢者や障がい者へのボランティア活動

障害がある人はひとりでの外出は危険なことがたくさんあります。 出かければ道の段差や信号機そして駅の階段やバスや、電車の乗り降りなど危険なことが一杯です。 出かけたくても出かけられない場合もあります。 移送ボランティアというのがあるのをご存知ですか、移送ボランティアというのは自宅から目的地まで 車で送迎し、車の乗り降りをお手伝いしてくれる方です。これで行動範囲が広がったという声も多く聞かれます。 また、視覚障がい者といっしょに街に出かけ、音式信号機や点字ブロックの使いごこちを 確認して貰い、改善点があれば関係機関に報告し、バリアフリーな街づくりを推進し ているボランティア団体もあります。 年をとったり自分の身体に自由が利かなくなると、気持ちが沈みがちになり外に出る回数も少なくなりますし身だし なみにも構わなくなってしまいがちです。 ビューティーケアとゆうボランティア活動ですが長期入院中の患者やお年寄りを訪問して手や首そして顔面マッサージをしたり 、女性には簡単なお化粧をし、憂鬱な療養生活に活気を取り戻してもらう活動です。 ボランティア活動を行う事によって、生き甲斐や社会的使命感の充実が得られるのです。

高齢者や障がい者のお世話をするボランティア

高齢者や障がい者本人や家族の方がボランティアをお願いしたい場合どうすればよいのでしょうか。 医療ケアが必要な場合が多いため看護師などの資格をもつ方や介護の経験者などが良いでしょう。 家庭で介護を受けている高齢者を一時的に預かり、家族の人に時間を作ってあげる”在老”を行う団体があります。 最近では多くの病院や老人ホームが行っています。 老人ホームなどに入所させずたくないが家庭で介護するのは、大変だと思っている家族には「在老」が適していると思います。 高齢者と家族の暮らしを尊重しつつ、手助けが必要な家庭に介護・家事援助サービスを行っています。、 また、高齢者介護をする団体は、介護・家事援助の他に体操・合唱・趣味・リハビリなどの参加を呼びかけ 高齢者の生きがい作りを手助けしています。 最近では高校の実習などで社会学習で障害者と触れ合う機会も増え、介護師も増えてきました。 しかし、介護保険の限度額は少なく、老人ホームや民間の介護施設を利用してしまうと、 介護保険では賄えない程の金額がかかってしまいます。最近では介護に関するボランティアの募集が多くなってきました。 ボランティアに行く前には必ずボランティアセンターなどで情報を仕入れて、ある程度下準備をすることが大 切です ボランティア活動はとても良い事だと思います。ですが行けば何とかなるだろう、という気持ちだけ で現地に向かい、単純作業に嫌気が差し、不平不満ばかり言ってしまったり、 人や自分の食料や宿泊場所を確保せずに行ったため、結局被災者や他のボランティアの迷 惑になってしまうことも概ねあります。